その声は、誰の声

 私は幽霊の声が聞こえる。

と言うと語弊があるだろう。聞こえるような気がする、のだ。

 こんなことを言うと、病気だとかオカルト趣味だとか言われそうだとは思うのだけれど、そういう訳ではない。

いつからかははっきりとわからないが、明確に覚えているのは、中学生の時に自室で勉強をしていたら、子供たちの話し声がしたことだ。

 ドラマやアニメなんか演出であるような、急にふわっと、エコーがかかり気味でしかし耳元できゃっきゃうふふしている声がした。

 深夜なので、隣近所の声がしたという訳ではない。それにしては聞こえ方が本当に耳元だったし。

 しかも、どうも日本語ではなかったのだ。おそらく英語で話していたと思う。

 私は幽霊を見たことというのは無いし、すべての怪談を信じてもいない。

立ち位置としてはニュートラルで、そんなこともあるかもね、とは思っている。

 クラスメートに霊感があるとはっきり豪語する友達は数人いた。その一人に、子供の声がした翌日に顔を合わせるなり、

「外国人の女の子が憑いてるよ」

 と言ってきた。

 数日体が重かったが、ある日の授業中耳鳴りがして、ふわっと体が軽くなった。授業終わりに友達を掴まえて訊いてみると、「もういなくなってる」という答えだった。

 彼女に何も説明していないのに自分の感覚と一致したので、素直に「ああそうなんだ」と受け止めた。

 耳鳴りについて、テレビで霊能者が「幽霊の声だ」とおっしゃっていたのを聞いたことがある。周波数が合えば声に聞こえるのだと。

 これが、自分には腑に落ちた。

 先の件も、周波数が合っていたらいなくなる時にも、何か言っていたのではないか。

 誰かの声がしたと感じることは実は度々ある。自分では『気の所為』だと思ってきた。

 のだが、耳鳴りがしたとき集中するとだんだん声に聞こえることもあるので、もしかしたらもしかするのではないかと思っている。

 声は反響が酷すぎてなんと言っているかわからなかったり、もやもやして聞こえたりすることもあれば、はっきり聞こえることもある。大体一言や二言で、会話になるようなことは無い。

自分に霊感があれば、会話ができるのかもしれないが。

 たとえば、右と左どちらの道を行こうかなと悩んでいるときに

「これは右だな」

 という声が聞こえたりする。

 そして右に行くと、実は左は大渋滞が起きているようなパターン。

 自分に教えてくれているというより、独り言が聞こえているような感じで聞こえる。

https://www.amazon.co.jp/dp/4344032195/ref=as_li_ss_il?th=1&psc=1&linkCode=li2&tag=asairtheusumu-22&linkId=8c11a03d14591aafbfc5be7ae70776b1&language=ja_JP

 こんな自分なので、霊感刑事の告白という本を読んで、「わかるわかる」と思ってしまった。この方ほどはっきり聞こえるわけでも、生活に影響がある訳でもないけれど、自分がおかしいんじゃないかと思ったり人に言うのは勇気がいったりというのはよくわかる。

 霊界があるかどうかも、私はわからない。しかしいなくなるというのは別の場所へ行っているだけなのではないかと考えることはよくあるのだ。真実はわからないけれど、跡形もなく消えてなくなるのではなくて、別のところに行っただけという方がこちらの気持ちも救われないだろうか。時々その別の場所と、今自分たちがいる場所が近くなることがあるのではないだろうか。

 そんなことを考えながら、つい耳を澄ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA